C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


医療費助成制度について
Q. 医療費助成制度とは何ですか?

A. インターフェロンフリー治療やインターフェロン治療にかかる医療費を、公的に助成する制度のことです。

C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変に対するインターフェロンフリー治療やインターフェロン治療を受ける方に対して、医療費の公的な助成制度があります。

助成の対象

肝がんの合併のないC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変に対するインターフェロンフリー治療やインターフェロン治療(医療保険の適用となる治療)を受ける方が対象となります。根治を目的とする治療が助成の対象で、インターフェロンを使っていても、根治を目的としない場合は助成の対象になりません。詳しくは下記の表を参照してください。

実施主体 都道府県
対象者 C型慢性肝炎 C型代償性肝硬変
対象医療
  • ●インターフェロンフリー治療

  • 根治を目的とした
  • ●インターフェロン単独治療
  • ●インターフェロン・リバビリン併用療法
  • ●ペグインターフェロン単独療法
  • ●ペグインターフェロン・リバビリン併用療法
  • ●ペグインターフェロン・リバビリン・
    プロテアーゼ阻害剤3剤併用療法
  • ●インターフェロンフリー治療

  • 根治を目的とした
  • ●ペグインターフェロン・リバビリン併用療法
  • ● 感染経路は問いません。
  • ●過去に医療費助成を受けてインターフェロンフリー治療を行った方が、再びインターフェロンフリー治療を行う場合や、インターフェロン治療を行った方が、再びインターフェロン治療を行う場合も助成の対象となる場合があります。

助成額

インターフェロンフリー治療やインターフェロン治療にかかる薬剤費、診察費、入院費などの自己負担の上限を、月額1万円(または2万円)とし、残りの費用を国と自治体(都道府県)が負担します。

世帯の市町村民税課税年額※ 自己負担の上限額(月額)
235,000円未満 10,000円
235,000円以上 20,000円
  • ※原則として世帯全員の合算、ただし税制上・医療保険上の扶養関係にないと認められる方については、当該「世帯」の市町村民税額の合算対象から除外できます。
  • ※自治体によって異なる場合があります。

助成期間

自治体によって助成期間は異なります。また、治療法によっても助成期間は異なります。

2回目の利用

以前に受けた治療法や治療内容によっては、2回目の医療費助成制度利用が可能な場合もあります。

» 医療費助成制度の詳しいことは、主治医・肝臓の専門医、病院のソーシャルワーカー、都道府県の窓口 、最寄りの保健所などにお問い合わせください。


Page Topへ