C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


肝機能異常の方
Q. 肝機能異常とは何ですか?

A. 一般的にAST(GOT)、ALT(GPT)が基準値を上回っている状態のことをいいます。

「肝機能異常」とは、一般的にAST(GOT)、ALT(GPT)が基準値を上回っている状態であることをいいます。AST、ALTは、健康診断や人間ドックから医療機関における詳しい検査まで、広く行われている検査です。AST、ALTは肝臓の細胞に多く含まれ、細胞が壊れたときに血液中に出てくる酵素であり、この値が高いことは肝臓の細胞が壊れていること、つまり肝機能が異常であることを示します。2つの酵素のそれぞれの値とともに、どちらがより高いか(AST/ALT比)も大切です。AST、ALTの異常が指摘された場合は、放置せず、最寄りの医療機関で詳しい検査を受けましょう。そして、肝機能異常の原因がC型肝炎ウイルスによるものか、それとも他の原因によるものかを確認しましょう。C型肝炎ウイルスの感染を確かめるためには、C型肝炎ウイルスの抗体を調べる血液検査を受け、陽性ならウイルス遺伝子を調べる血液検査で再度確認となります。

AST、ALT異常のみられる疾患

項目 基準値 検査結果と疑われる疾患
AST
(GOT)
40IU/L以下 ともに高度の高値(2,000〜3,000IU)→急性肝炎
AST<ALT→慢性肝炎(AST/ALT比 0.6前後)
AST>ALT→肝硬変(AST/ALT比 2.0以上)
     →肝がん(AST/ALT比 3.0以上)
ASTのみ高値→心筋梗塞など肝臓以外の疾患
ALT
(GPT)
30IU/L以下

※基準値は施設により多少異なります。IU:国際単位

Page Topへ