C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


未検査の方
Q. C型肝炎ウイルスをどのように検査しますか?

A. 抗体検査と遺伝子検査の2種類の検査からC型肝炎ウイルスの感染を診断します。

C型肝炎ウイルス感染の有無は、まずC型肝炎ウイルス抗体※1を測定します。抗体陽性の場合、さらにウイルス遺伝子検査を行って判定します。抗体の量が多い場合、および抗体が中くらい~少し存在し遺伝子検査で陽性の場合は、C型肝炎ウイルスに感染している可能性が高いと判定されます。こうした方は専門医によるさらに詳しい検査をして治療の必要性などを見極める必要があります。C型肝炎ウイルスに感染していても、AST(GOT)とALT(GPT)※2の数値が基準値以下の場合(肝機能の異常がみられない場合)は、定期的に検査をしながら経過をみる場合もあります。しかし、最近では肝機能が正常でも患者さんの年齢などを考慮して、治療を開始することもあるので、肝臓の病気について詳しい医師とよく相談することが大切です。

  • ※1抗体
    細菌やウイルスに感染した際に、身体にとって異物と認識する免疫反応により作られる蛋白質。
  • ※2 AST(GOT)とALT(GPT)
    肝臓の細胞に含まれる酵素で、肝炎があると肝臓の細胞が壊れて血液中に流れ出し、血液中の値が高くなります。
    AST:アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ。GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)ともいう。
    ALT:アラニンアミノトランスフェラーゼ。GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)ともいう。
C型慢性肝炎の検査・診断の流れ
(図)C型慢性肝炎の検査・診断の流れ

Page Topへ