C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


ウイルス陽性の方
Q. ウイルス検査について詳細を教えてください

A. 健診などでC型肝炎ウイルス抗体陽性あるいは肝機能異常が見つかったら、詳しい検査として遺伝子検査を実施します。

健康診断などで肝機能異常あるいはC型肝炎ウイルス抗体陽性が指摘されたら、早めに最寄りの医療機関で詳しい検査を受けましょう。
初診では受診に至った経緯を話し、医師の診察を受けます。当日あるいは別の日に、採血による血液検査が行われるはずです。この血液検査には、C型肝炎ウイルス感染の有無を調べるC型肝炎ウイルス遺伝子検査、肝炎の有無と程度〔AST(GOT)、ALT(GPT)〕、肝硬変への進行度(血小板数など)、肝臓の働きの程度(血清アルブミンなど)、またC型肝炎以外の病気の可能性を調べる検査が含まれています。

C型肝炎ウイルス(HCV)の感染の有無や状態を調べる検査

検査 HCV抗体検査 HCV遺伝子検査
定性検査 定量検査 遺伝子型検査
方法 血液検査(採血による検査)
HCVに対する抗体の有無と量を調べる HCVの遺伝子(RNA)の有無または量を調べる HCVの遺伝子型(ジェノタイプ)を調べる
目的

特徴
現在および過去のHCV感染の有無
スクリーニング(感染の可能性のある人を見つける)
現在の感染の有無 治療法の選択
治療の効果予測
経過観察
治療効果の判定
治療法の選択
治療の効果予測

Page Topへ