C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


未検査の方
Q. 日本にはC型慢性肝炎患者が何人くらいいますか?

A. 日本には150万~200万人の患者さん、あるいはキャリア(持続感染者)がいると推察されています

わが国でのC型慢性肝炎の患者さんは、肝炎症状のないキャリア(持続感染者)を含めると150万〜200万人いると推測されています。年齢は40歳代以上に多く、C型肝炎ウイルス対策が講じられる以前の輸血などの医療行為による感染が背景にあることを示しています。しかし医療機関で何らかの治療を受けている人は50万人にすぎず、残りの100万〜150万人の中には自分がC型肝炎ウイルスに感染していることに気づいていない人もいる可能性があります。

年齢別C型肝炎ウイルス抗体陽性率

65歳以上の100人に1〜2人がC型肝炎ウイルスに感染
(表)年齢別C型肝炎ウイルス抗体陽性率

肝がんの原因の65%はC型慢性肝炎

わが国の肝がんによる死亡者数は1975年以降急増しており、2014年には約3万人が死亡し、肺がん、大腸がん、胃がん、すい臓がんに次いでがん死亡の第5位を占めるに至っています。そして肝がんの原因の約65%はC型肝炎ウイルス由来であることがわかっています。

肝がん死亡数の推移
(表)肝がん死亡数の推移
肝がんの原因
(表)肝がんの原因

Page Topへ