C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


肝機能異常の方
Q. 肝臓はどのような働きをする臓器ですか?

A. 物質を代謝し、解毒と胆汁生成をつかさどる臓器です。

肝臓は上腹部の主に右側にあり、肋骨に囲まれています。大人では1,200~1,500gくらいの重さがあり、人体のなかでは最も大きな臓器です。肝臓は「沈黙の臓器」といわれていますが、これは何らかの原因で肝臓が障害を受けても、予備能力が高いため、症状として自覚できないことが多いからです。

肝臓
(図)肝臓

肝臓は大きく分けて、①物質の代謝、②解毒、③胆汁の生成という3つの働きをしています。体の中の「化学工場」のようなものです。また、栄養を蓄える「倉庫」としての機能もあります。

①物質の代謝

肝臓には、消化管で消化・吸収された食べ物が運ばれ、何百種類もの酵素が働いて、取り込んだ栄養素を代謝(分解や再合成)しています。代謝された栄養素は血液の中に放出されたり、肝臓に蓄えられたりします。
例えば、ブドウ糖の一部はグリコーゲンという形で肝臓に蓄えられていて、必要な時にブドウ糖として血液中に放出されます。体の中で重要な働きをするタンパク質のアルブミンや出血を止める凝固因子も肝臓で作られ、血液中に放出されています。

②解毒

肝臓には門脈を通して栄養素だけでなく、食品添加物や薬物、細菌なども流れ込みます。肝臓はこれらを分解して無毒化する働きもしています。これを解毒といいます。

③胆汁の生成

肝臓は脂肪の消化・吸収を助ける働きのある胆汁も生成しています。肝臓で生成された胆汁は、胆管に分泌され、胆嚢にたまって濃縮されて、十二指腸で膵液とともに脂肪の分解を助けています。

Page Topへ