C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


ウイルス陽性の方
Q. ALT値が正常なら問題ありませんか?

A. ALTが基準値以下であっても、次第に上昇していくことがあります。

持続的にALT(GPT)値が基準値以下(30IU/L以下)であっても、5年以上経過観察すると、ずっと基準値以下を維持する方はわずか14%程度で、57%の方は一時的にALT値が30IU/Lを超え、29%の方はALT値が持続的に30IU/Lを超える異常を示すようになりました。ALT値が30IU/Lを超える異常な状態が続くと、肝臓の線維化が進むスピードが速くなるため、治療の必要性が高まります。現在持続的にALT値が基準値以下であっても、定期的な経過観察を行い、肝機能の異常をいち早く知ることが必要です。

ALT値が基準値以下の人の5年以上観察結果
(図)C型慢性肝炎の自然経過
[Okanoue T et al. J Hepatol 2005;43(4):599-605.より改変]

Page Topへ