C型肝炎

患者さんの気持ちに寄り添う新しい肝炎治療が始まっています。

C型肝炎の治療法についてわかりやすく解説します。


治療を考えている方
Q. 治療の目的は?

A. C型肝炎ウイルスの排除、または病気の進展予防が目的となります。

C型慢性肝炎あるいはC型代償性肝硬変 の診断が確定し、病気の進行の程度とC型肝炎ウイルス量と 遺伝子型(ジェノタイプ ※1 またはセログループ ※2が明らかになれば、医師からあなたへ病状と今後の治療方針について説明されるでしょう。C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変の治療の目標は将来の非代償性肝硬変への進行あるいは肝がんの発生予防にあり、そのために原因であるC型肝炎ウイルスの排除を目的とした抗ウイルス療法、あるいは進展予防を目的とした肝庇護(かんひご)療法が考慮されます。医師の話をよく聞き、わからないところは質問して、病状と治療をよく理解した上で医師にご相談ください。

  • ※1 ジェノタイプ
    C型肝炎ウイルスの遺伝子の特徴により、1a型、1b型、2a型、2b型などに分類しています。
    日本人の場合、1b型が多く70%を占めます。2a型が20%、2b型が10%で、1a型はほとんどみられません。
  • ※2 セログループ
    C型肝炎ウイルスを血清学的に分類したもので、セログループ1とセログループ2があります。遺伝子型の1b型はセログループ1、遺伝子型の2a型と2b型はセログループ2に該当します。健康保険を利用した検査では、セログループ1かセログループ2を判定していて、これを治療計画に生かしています。

Page Topへ